2006年08月29日

第21回「オシム流」

オシム流!
直前、深夜に発表。
選ばれた人間は翌朝出発。

モチベーションやら怪我やらもあって「ギリギリ招集」ってのはよく分かるんだがねぇ・・

九州やら遠い地域から移動する選手もあるだろうに・・・
深夜バスで『やられ合流』でもしてくれれば面白いんだが・・・

代表遠征に備え、大荷物持ってリーグ戦頑張ったのに招集されなかった!
なんて選手がいたら、さぞ恥ずかしいであろう。

オシム流。
・・・果たして、これは良い事?悪い事?
まあ、選手にとっては代表の間口が広くなった訳だしね。
なんとも・・・
posted by かみたく at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

第20回「舵」

オシム公式戦初勝利!
内容はともかく、引いて守る相手に2-0で勝った。
個人的には、唯一ドイツに出れなかったエンドゥーの先発が嬉しかった!

今回は初陣からガラリと変わった先発陣。
知っている仲間とは言え、今すぐ連携がどうのこうのとは行かないのは解っている所、試合中に何処まで連携を高め、考え、対応できるのか?という所がオシムの狙いだったのではないだろうか?
一見ハイリスクにも感じられるが、長い目で見れば変幻自在のサッカーが完成できる。と同時にJリーガーの質の向上にも繋がる!

が、「高さで勝負しろ!」とか「右サイドを使え!」といった具体的な戦術が出されていないまま、「前半は考えて動いてなかった!」とコメントしている昨日のように、
一歩間違えれば『厳しいサポーター!』としか見えなくなってしまうのも事実。

個人的な考えでは「結果よりも内容重視」、今はこれで良いと思う。
ただ、この準備段階で結果がついてこなければ、オシム批判もボチボチ出てくるんではないだろうか?

「我慢比べ」は何処までもつのか?こうならない事を祈って!

そしてそして、
まだ2試合しか見ていないが、決断と指示を仰ぐ「ピッチ上の監督」が欲しい所
今までの所「鈴木啓太」「阿部勇樹」が凄い!
カバーリングや飛び出しはもちろんの事、全体のバランスをうまく取っている。
運動量も多い!正に「ボランチ=舵(取り)」だったね。

ただ、あれだけ引いて守るイエメン!
サッカー、ヤル気があるんだろうか?

柔道では攻める気のないものには罰則が与えられる。
サッカーでも『指導』やら『減点』制度を設けた方が良いんじゃないだろうか?
もちろんジャッジは難しいんだろうけどね・・・見てる方は面白くない。
posted by かみたく at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

第19回「浦和レッズ対トリニダード」

オシムジャパンの初陣。
結果は2-0で勝利!

正直な所「日本代表」には見えない不思議な感じ!
若手オールスター戦といったところかな?

内容は、1タッチ2タッチの連携もすばらしいサッカーだった!
後半20分位までは・・・
アテネ世代と浦和レッズの融合とも呼べるメンバーだっただけに、あのすばらしい連携にはうなずける。

感じた事は、オシムサッカーは全員が連動するスタミナに個のスピードを加えた当たり前といえば当たり前の「組織サッカー」。
ただし、シンプルな事なんだけど難しいサッカーだね。

序盤から、選手のカバーリングや飛び出しは寄せ集めとは思えない程凄かった!
が、「このペースで90分やるのか?」と心配にもなる程、休む間がないせいか見てる方も疲れを感じてしまった。

案の定、後半の半ばからはやっぱり運動量が落ちてきた!
こうなると「溜め」を作れる選手とスピードのある選手で少人数で攻めるオプションが欲しい!と思うんだが・・・
このまま『90分走る究極のサッカー』を目指すんだろうか?
ソコに疑問点と期待感があるといえばあるんだが・・・がんばってくり

とにかく、初陣勝利には素直に喜ぼう。
このままマニアックな選手を選出していけば無名のJリーガーも気合いが入るだろうし、結果、Jリーグのレベルアップにも繋がる。
ソコまで見据えているのであれば、「凄いねオシム」だ。

そしてそして、
代表選手やJリーグのフィギュアを手がけているエポック社、
【グランパスの中村】に代表残留して欲しい所だろう!
エンドゥー以来の作りたい顔ではないだろうか?

「何にビックリしてるんだ我那覇」も。
コリーナさんの様に、一歩間違えればバイオハザードに見えるぞ!
白目の余白が多いんだな。
posted by かみたく at 11:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

第18回「鈴木啓太(浦和)」

オシムが追加招集した5人。
解ってる選手と「誰だ?」ってのが2人。

中でも注目すべきは
鈴木啓太(浦和)

鈴木はアテネオリンピックのキャプテンだった。
今野と共に、不動のボランチだった。
が、オーバーエイジで小野伸二が本戦のメンバー入り、結果、同ポジションの鈴木は落選してしまった。
キャプテンだったのにぃ!と言いたかっただろうに、鈴木はオリンピックには出れなかった。

そして浦和で暴れてやるぜ!とプレーしていたのも束の間、小野伸二が今度はレッズに復帰、同ポジションの鈴木は出場機会も減ってしまうため、「またかよ!」と言いたかっただろうに。

その鈴木が小野を押しのけて代表入りした。
凄さがイマイチ解らん奴だが、がんばれ鈴木啓太!

って、大丈夫だろうか?日本代表。こざかしいサッカーになりそうだが・・
うーん、今のメンバーじゃ「溜め」を作れる選手が居ない。

小野伸二を惜しむ。
posted by かみたく at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

第17回「古い井戸」

とりあえずだが、日本代表が発表された!
GK:
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF:
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF:
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)
小林大悟(大宮)

FW:
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)

順当だ。
こう見ると、スピードあるチーム!と言えそうだ。まあ、日本にはスピードでしか勝てないってのもあるんだけどね。
アシスト王の小林ダイゴは大いに楽しみじゃないか!

これにジェフやらガンバが入る所だが・・・

が、あれ?・・・

シンジ君が居ないぞ?逃亡したか?

そして今回もカズは居ない。
一度で良いから使ってみてくれオシム!
誰よりも説得力のある代表選手なんだがなぁ・・

古い井戸には水が残っているのに・・・
posted by かみたく at 15:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。